30代後半から40代にかけて、からだに変化が起こってきます。

その変化の中で響きの悪い「老化」ですが、

ダイエットをしてもなかなか痩せにくくなる現象を引き起こします。

それには細胞の衰えにより代謝の低下・筋肉量の低下・女性ホルモンの分泌量低下

などなど、さまざまな理由がありました。。。

 

 

 

さて今回は40歳頃から体重が落ちにくくなってきたな、と感じるかた必見です!!

 

・年齢とともに体重が落ちなくなる理由

  基礎代謝の低下

  酵素不足

・40歳を過ぎても体重をキープするために

・食べないダイエットは逆効果

 

 

年齢とともに体重が落ちなくなる理由

 

  • 細胞の老化により代謝の低下
  • 筋肉量の低下
  • 女性ホルモンの分泌量低下

この3点が大きな理由となり、まず「新陳代謝」=古くなった細胞を排出し新たな細胞をつくりだす働きが非常に大事で、怪我をしたときに皮膚を再生してくれるのも新陳代謝なのです。子供は新陳代謝が良いので怪我の治りが早い、なんて耳にした事はありませんか?歳をとるにつれて働きが鈍くなり新陳代謝が低下していくということです。さらには実際目には見えませんが、エネルギーを消費させるのに必要な代謝が歳と共に悪くなることで、消費カロリーが減少していきます。

次にもっともエネルギーを消費するのに必要な筋肉ですが、女性の場合、年齢とともに筋肉の量が低下していく傾向にあります。その筋肉量の低下がダイエットをしても痩せない体質の大きな原因になっています。

最後に、女性には閉経があり、その時に近づくにつれて女性ホルモンの分泌が減っていきます。そして体型を変化させていく原因の1つにもなります。良く聞くぽっこりお腹なども女性ホルモンの分泌が減る事により、皮下脂肪を蓄えやすいからだと言われます。

 

40代女性のダイエットには上記のような特徴を理解した上で、効果的なやり方を行うことがポイントになります。

 

基礎代謝の低下

 

単純に、筋肉の多い人は基礎代謝が高く、筋肉の少ない人は基礎代謝が低いです。歳を重ねるにつれて筋肉の量が減少していくので、おのずと基礎代謝量も減っていきます。しかし普段から運動をし食事に気をつかっている方は平均以上に基礎代謝は多いでしょう。

だいたいですが、40代の基礎代謝量は1150kcal/日くらいです。

これが何もしないで自然と消費するカロリー量となります。毎日これ以上に摂取した分がカロリーオーバーとなる為、適度な運動や食事の制限で摂取したカロリーオーバーの分を燃焼させる必要があります。

 

酵素不足

 

酵素摂取で痩せれるのは代謝を維持するから・・・

酵素は大まかにわけて2つあり、消化酵素と代謝酵素になります。消化酵素は食べ物を消化するもので、代謝酵素は基礎代謝を維持したり脂肪を燃焼したりすることに役立っています。ですが、人の体にもともと備わっている酵素の量というのは決まっていて、それが年齢とともの減少していくのです。酵素の量が減ることで消化が優先され、代謝に使われる酵素が少なくなります。それが原因で脂肪が溜まりやすく体型が変化していくわけです。

 

40歳を過ぎても体重をキープするために

 

では体重をキープするために、以下の3つのポイントに意識してみてください。

  • 食事管理をする
  • 運動をする
  • 生活習慣を整える

どれか一つではなく、3つともバランスよく、そして無理のない範囲でダイエットを実践することで効果を期待。

バランスの良い食生活で栄養面とカロリーオーバーにならないよう意識しつつ、適度な運動をすることで筋肉量を増やしていきます。生活習慣を整えることにより、体を内側からもサポートしダイエットをより効果的にしていきましょう。

 

食べないダイエットは逆効果?

 

年齢に関わらないのですが、とにかく「食事を食べない」という無理なダイエット方法は健康にもカラダにも良くないです。リバウンドをはじめ、栄養不足に陥るだけでなく筋肉をつくる栄養素まで不足になり、筋肉が減れば基礎代謝はさらに落ちていくことになります。

 

 

40代は人生のターニングポイントになり、カラダもいろいろと変化していきます。食べながら痩せることは可能なので、1日3食をきちんと食べて、プラス運動や睡眠をしっかり摂って、正しいダイエット方法で美容にも健康にも気をつけながらダイエットしていきましょう。

 

 

40歳頃から体重が落ちなくなる・・・理由と40代ダイエットの始め方